■「七五三まいり」

    ●男の子3歳5歳女の子3歳7歳のお子様のための行事です。
      これまでの無事なる成長を感謝し、これからの健やかな成長と幸せを祈願しましょう。
    ◆ご祈祷料、ご祈祷の時間等詳しくは、ご祈祷ページをご覧ください。


 七五三とは3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝う日本の年中行事で、起源は江戸時代からだといわれています。
子供にとって身体的にも精神的にも節目にあたる時期で、その節目ごとに、ますます健やかに育って欲しいという親の願いを込めてお祈りする行事です。
昔は、それぞれの節目を祝う次のような儀式がありました。
3歳の男女児 「髪置きの祝い」 男女児ともそれまで剃っていた頭髪を伸ばし始めることを祝う儀式
5歳の男児 「袴着の祝い」 男児が初めて袴(はかま)を着用することを祝う儀式
7歳の女児 「帯解きの祝い」 女児が幼児用のひもを解き、大人と同じ帯を着用することを祝う儀式

年齢は、本来は数え年で行いますが、現在では満年齢で行われる方もあります。
暦では11月15日七五三まいりとなっていますが、その日を中心に都合の良い休日や天気の良い日などを選んでお詣りください。
当寺では、早期のお詣りの方のために9月下旬より七五三まいりの準備を整えています。
七五三まいり風景

 

 

 

 

 
このページを閉じる