天台宗別格本山
龍谷山
水間寺
■各お堂のご案内
1.本堂 (貝塚市指定文化財)
 天正13年(1585年)豊臣秀吉の根来攻めの際、根来側についた当寺は、堀秀政の軍勢により焼き討ちに遭い、七堂伽藍をはじめ坊舎等は灰燼に帰してしまった。その後復興するも、天明4年(1784年)に火災により全焼する。
現在の本堂は岸和田藩主岡部長愼の寄進により、文政10年(1827年)に再建されたもので、二重屋根に本瓦を葺いたどっしりとして安定感のある堂々とした建物である。
ご本尊の身丈1寸8分の聖観世音菩薩は秘仏となっており、公開されないが、本堂正面にはお前立聖観音菩薩立像が安置されている。
2.三重塔 (貝塚市指定文化財)
 開基当時は多宝塔で多宝如来を安置した。古い記録によれば孝謙天皇が舎利塔を安置したと伝えられている。
本堂同様、天正の兵乱に焼失したので萬治年間に改めて三層の塔を建て、釈迦仏の像を安置した。
井原西鶴の「日本永代蔵」に記載されたモデルの塔と考えられる。
現在の塔は、天保5年(1834年)に再建されたもので、明治以前に建てられた大阪府内唯一の三重の塔である。三重塔の第一層の軒下のかえる股に十二支の彫刻があり、見どころとなっている。
3.護摩堂(不動尊)
 本堂南側の寄せ棟造り本瓦葺きの建物で、ここには一切の悪魔を降伏させるという不動明王が祀られている。
不動明王はあらゆる障害を焼き尽くす、大智の火を身から発するといわれ、大日如来の使者となって真言信者を守護する役割を担っている。(この不動明王立像は鎌倉時代のものと推定される)
この護摩堂において、毎月18日に病気平癒、心願成就を祈って護摩供養が行われている。
建物の老朽化が進んだために、現在の護摩堂は2013年に新しく建て替えられたものである。     <2013年10月4日に落慶法要が執り行われた>
4.愛染堂
 愛染明王を祀るお堂で、愛染明王は、愛欲染着を本体とする明王で、祈る者には敬愛の徳を授け、縁を結び、福を与えると言われている。
約700年前、水間の豪農楠右エ門の娘、お夏がこの愛染明王に祈願し、勅使であった山名清十郎との恋を成就させたといわれ、その縁で「お夏清十郎の墓」が前庭の横に建てられている。水間の「お夏清十郎」の伝説は、昭和11年に映画化され、田中絹枝、林長十郎(長谷川一夫)の二人が主演している。この墓の前の花立てには、その記念に二人の名前が刻まれている。
5.経堂
 聖武天皇の妙典、光明皇后の般若経、慈覚大師妙法経等がこのお堂に納めてあったが、昔兵火に遭って全て焼失する。現在大般若波羅密多経600巻と大蔵経等が納められている。このお堂に安置されている尊像は、傅大師(ふだいし)とその長男、次男で、傅大師は、仏教に徹し、自分を捨てて常に難民の救済にあたっている。傅大師は特に輪蔵(経を納めた書架で周囲を回ることが出来るようになっている)を旋回することによって読経したのと同じ功徳を人々に与えて衆生を導いたことにあやかり、この経堂に傅大師とその二子の尊像を安置している。
<傅大師−中国南北朝代497〜569年>
6.行基堂(開山堂) (貝塚市指定文化財)
 本堂の南側を山手に向かって進み、通天橋を渡って石段を少し上がるとすぐ左手に当山開基の行基菩薩が祀られている行基堂が見える。
行基菩薩が開山のとき、ご自身の姿をすぐ横の鏡池に写し、霊椿木で御自作の像を刻まれ安置されるも、天正の兵火に惜しくも焼失したとされている。
現在は天明の大火にも免れた作者不明の座像を安置しており、境内諸堂中最古の建物となっている。
(再建は17世紀中頃と推定される)
7.薬師堂 8.弁天堂
この堂には薬師如来像が祀られている。行基菩薩が当地を訪れたとき、聖観音の出現を願い薬師如来像を祀ったと伝えられている。 智恵財宝を与えて下さる弁財天が祀られている。南海七福~の弁天さんとして、七福~めぐりの一神を司っている。
   
9.三所権現 10.赤宮
熊野、蔵王、白山の三社権現が祀られており、毎月一日にお勤めされている。 稲荷神が祀られており、毎月二日にお勤めされている。
   
11.瑞泉堂 12.南の院
ご本尊は、聖観音菩薩で、行基菩薩が開創した鏡池のほとりに建っている。 ご本尊は、虚空像菩薩で、毎年4月13日は十三まいりの参拝所となる。
   
13.写経堂 14.常寂光堂
ここには150年前に安置された西国三十三番霊場全てのご本尊があり、仏様を身近に感じながら写経をすることが出来る。 先祖供養や水子供養のための回向が毎日行われており、お堂の横には水子地蔵が祀られている。
   
15.食堂・寺務所
食堂は、平成27年10月に新築工事が完成し、その落慶法要が行われた。(二階建て、一階は寺務所・住職室・炊事場、二階は広間)
その際、渡り廊下も併せて建て替えられた。
Copyright(C) Ryukokusan Mizumadera All Rights Reserved